第28回 イル・プルーの1年

「イル・プルーの1年」とは・・・
これまでもブルータスやクロワッサン等で手土産日本一に輝いた「塩味のクッキー」や、今年の新商品「昔カステラ」等、パティスリーの看板商品を生み出してきた、イル・プルー・シュル・ラ・セーヌの看板講習会。それが「イル・プルーの1年」です。毎年16品の新作を生みだすのは、“孤高のパティスィエ”と自らを称する菓子界の巨星・弓田亨。今年、弓田亨がどんな味を作り出すのか。お菓子作り愛好家からプロまで、日本全国の菓子作りに携わる者たちが注目するフランス菓子の新作発表会なのです。

弓田亨

弓田亨からのご挨拶

拝啓

立春の候 皆様如何御過しですか。
ここ2~3ヶ月は道半ばでありますがさらに体力がつき、同時に精神的エネルギーも増してきたと思います。
今年は私が教えて頂いたことのある、40年程前に出版されたポール・ゴッチェさんの『現代スイス菓子』から4種類のお菓子を参考にしています。
ゴッチェさんも日本でパティスリーを作るのはとても難しいと言っておられましたが、それは日本とヨーロッパの素材の違いによるものだということは当時私にも分かりませんでした。
幾つかの興味あるお菓子を今イル・プルーが輸入している秀逸な素材と私の培って来た感覚で新たに作り上げます。勿論、簡単にできるものではありません。それぞれ最低数回それ以上の試作を経て、私のイメージとして作り上げました。
これは私にとっても素材の組み合わせ、生地の組み合わせなど改め、久し振りに新鮮な感覚のもとに試作を重ねることができました。
本当においしいお菓子ができました。是非お出で下さい。
又、HPに『食道癌手術後の闘病記』をアップしましたので、こちらもご覧下さい。
以上、御案内致します。

敬具
2016年2月
イル・プルー・シュル・ラ・セーヌ
弓田亨


※2016年度の申込受付は終了いたしました。

講習会概要

日時
A B
第1クール 4/19(火) 4/20(水)
第2クール 5/24(火) 5/25(水)
第3クール 10/4(火) 10/5(水)
A Bの2日を選んでいただければ、全8種類のお菓子が学べます。
※受付開始時間8:30〜講習時間9:30〜16:30頃まで(休憩1時間含む)
※残席状況をご確認の上、お申込みくださいませ。
場所 イル・プルー・シュル・ラ・セーヌ フランス菓子教室
住所:東京都渋谷区猿楽町17-16 代官山フォーラム2F
TEL:03-3476-5196  FAX:03-3476-5197
アクセス 東急東横線「代官山」 下車 徒歩7分
東急トランセバス(渋谷駅発)「代官山Tサイト」下車すぐ
定員 各クール60名(先着順)
受講料 27,000円 (税込)
発表作品 全8種類 *すべてデモンストレーションと試食付

・タルトゥ・グリヨットゥ(グリヨットゥのタルトゥ)
・ブケットゥ・オ・フリュイ(フルーツの入った焼き菓子)
・ジャポネ(プラリネノワゼットゥのバタークリームとヌガー)
・オレンジのビュッシュ・ド・ノエル
・ガトー・グルノーブルワ(くるみのお菓子)
・プラリネのビスキュイとふくよかなコーヒー
・パイナップルとプラリネのビスキュイ
・バナナとキャラメルのすがすがしいムース

※メニューは変更する場合がございます。
お申し込みはこちら
今までイルプルーの1年で発表された、人気商品一例