お菓子・孤高の味わい

弓田のおすすめ

スペイン・カタルーニャ地方レリダの、世界で最も味わい豊かなアーモンドを自らの手で輸入したからこそ作り得た味わいのガトー・バスク、そして、私の心の綾そのものの、パン・オ・フリュイ・セック、ふつふつと心に宿る静かなおいしさのタルトゥ・サンチャゴ。

私はこの三つのお菓子を、自信を持って、本当にお薦め致します。

  • 「私の人生の誇り」
    神様がくれたこの豊穣の極みの味わいを、この日本に広めたい

    ガトー・バスク

    ガトー・バスク

    期間限定(11月~5月)

    フランスとスペインにまたがるバスク地方で今でも日々食べられるお菓子です。所によって少しずつその味わいは変わりますが、まさに例えようもない豊かさと力に満ちた、心の五感を圧倒する味わいです。味わいを作り上げる技術もさることながら、寸分たがわない味わいをこの日本に伝えたいという執念によって、困難の中からようやく作り上げることが出来ました。スペイン・カタルーニャ地方、内陸レリダの世界で最も味わい豊かなアーモンドを自らの手でこの日本に輸入したからこそ、可能になりました。私の執念の人生、誇りをかけたお菓子です。

    賞味期限 焼いた日より3日間

  • ふつふつと心に宿る静かなおいしさ。

    img_santiago

    img_santiago2

    タルトゥ・サンチャゴ

    今から10年ほど前、うまくて安い栗製品を探しにスペインを訪れました。その時、サンチャゴ・デ・コンポステラに泊まりました。この地は有名な大聖堂があり、キリスト教の巡礼のとても重要な地とのことです。

     

    この地で食べた様々の料理、肉、魚、野菜の力を持った、細胞めがけて突き進むようなエネルギーをもつ味わいに圧倒され、改めてスペインの土の、私の想像を超えた肥沃さを知った旅でした。その時、お土産屋さんでスペイン語も読めず、どんなお菓子かも知らずに買ったのがタルト・サンチャゴでした。

    いつか日本でも「タルトゥ・サンチャゴ」を作れたらなぁ。ずっとそう思い続けてきました。

     

    タルトゥ・サンチャゴの作り方は昔からの本当に単純極まりないものに決まっています。いくつかの素材をシンプルに混ぜ合わせる。それだけだと思います。何も見ることなしにとにかく頭の中にあるイメージを何度も作りました。決して私の頭の中のイメージが先走りしないように、アーモンドを中心とした素材の味わいを自然につつましやかに混ぜる。それだけを心掛けました。

     

    派手な味わいではありません。ふつふつと心に宿るしずかなおいしさです。勿論、本物と同じようにとはいきませんが、何とか私の心にかなうものが出来ました。ぜひ食べてみてください。

     

    本当はタルトゥの中心のマークは十字架です。でもクリスチャンでもない私がそれまで真似をしたら不敬であると思い、IL PLEUT SUR LA SEINEの頭文字のIにしました。

     

    何か自分のために作ったようなものです。以来、私の心はいつも以上に浮き立っています。

    ※このお菓子は買ってから約1週間は、たとえ乾燥してもパサついてきてもおいしさは少しも失われません。
    20℃以下なら冷蔵庫に入れる必要はありません。

    • 直径16cm¥2,400(税抜)¥2,592(税込)
    • 直径18cm¥2,900(税抜)¥3,132(税込)
    • ※地方配送承ります。
      ※夏期は冷蔵便でお届け致します。[6月~9月]
      ※天候不良によるスペイン産アーモンド・松の実の大不作のため商品の料金を見直させていただきました。
  • 「タルトゥ・サンチャゴ」に大感激の声多数!

    食べる人を魅了する、このお菓子に寄せられた声を一部ご紹介致します。
    ぜひまだ食べたことがない方も、この感動の味を体験してみてください。

    このたびは、「タルトゥ・サンチャゴ」をお送りいただきありがとうございました。さっそく、スタッフ一同で、大切にいただきました。


    これが!!!!!!!!!大、感、激のおいしさでした。


    清楚で、落ちついていて、シンプルで、静かな賢さもあって、それでいて、包むようなやさしさがあって……「どこに出しても恥ずかしくない19歳の娘」のような味でした。お菓子については、本当に幼稚園児同様の不勉強ぶりで、若輩者のわたしが、こんなメールを書かせていただくのも恥ずかしいのですが、でも、イル・プルーさんのお菓子は、ほかにはない感動があります。きらりと感動するのです。


    こんなすてきな夏の贈り物をいただき、ただただ、感激しています。みなさまの、お菓子、そして食全体への情熱に、背筋をただしています。


    服部みれいさん(エムエムブックス主宰)

    このたびはサンチャゴで求め帰られたタルトゥに習っての、見事な本場の味を再現なされた銘菓をお届けいただき感動的なティータイムを過ごさせて頂きました。たまたま牧師ご夫妻が見えてのお茶のひととき、感謝でございます。


    かつてのパリのアパートがサン・ジャック教会近くでしたので、例の帆立貝がシンボルマークで巡礼者の背に腰に巡礼の旅の出発点であった昔の姿が今も身近に感じられておりました。サンチャゴの旅は叶いませんがカテドラル近くのカフェでタルトゥをいただいているような錯覚にとらわれました。


    N様

  • 「私の心の綾そのもの」
    いつかパンの中にフルーツがぎっしりすぎるほど詰まった、
    心の綾を彩り鮮やかに織り込んだものを作りたいと思っていました。
    パティスィエとして積み重ねられてきた感覚が、
    私にこのお菓子を作らせたのです。

    パン・オ・フリュイ・セック

    パン・オ・フリュイ・セック

    イル・プルー・シュル・ラ・セーヌではイースト生地(パン類)にも独自の感覚と技術を持っています。このパン・オ・フリュイ・セックは従来からの「パンの中にドライ・フルーツを包んで焼き上げたもの」を私の感覚に従い、さらにお菓子としての彩りを強く発展させたものです。ふんだんに加えたドライ・フルーツが渾然となって、食べる人の感覚を深く、深く、優しく揺する味わいを作り出します。日が経つほどにフルーツの味わいが満ちてきます。ちょっとお腹のすいた頃に、これほど嬉しいおやつはありません。毎日のおやつの時間が本当に待ち遠しくなります。

    賞味期限 約1週間

このページのトップへ戻る

© IL PLEUT SUR LA SEINE Kikaku Co., Ltd.All Rights Reserved.