生徒さんのブログ

学ぶ弓田亨の世界


年末年始、8月の一部を除くほぼ毎日開講
TEL:03-3476-5196
受付時間:9時〜18時


アクセスマップ

〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町17-16
代官山フォーラム2F


平成正義の会

こちらのページでは、現在イル・プルーでレッスンを受けている生徒さんや卒業生の方のブログを紹介しています。たくさんのお菓子教室の中からイル・プルーを選び、通われている皆様の日常をちょこっと覗きながら、どんな風にレッスンを受けているのか、どんなお菓子を作っているのか、雰囲気を感じて頂けたらと思います。

3年半くらいパンとお菓子を教えていました。そこでお世話になった大好きな先輩先生がイル・プルーの卒業生だったこともあり、先輩の話を聞いて興味があったイル・プルーの体験レッスンを受講。そこでのシャルロット・ポワールがすごくおいしくて、今までの次元と違う作り方ももちろんですが、力強いビスキュイやババロアの美味しさに感動し、それで習い始めたのがキッカケ。

大学生の頃、カフェのアルバイトで焼き菓子を作り、その楽しさに夢中になる。レシピを考えては作り、写真を撮り、ブログ「marimo cafe」に綴り続ける。次第にブログが好評を博し、2009年にレシピ本『marimo cafeのしあわせスイーツ』を出版。大学卒業後、一般企業に就職するも、製菓の勉強をしたいと感じ、国際製菓専門学校の通信教育科に入学。仕事の傍ら勉強に励み、2011年に卒業、製菓衛生師試験に合格。更にスキルアップしたいと考えていた時にイル・プルーに出会う。感動を与えるお菓子に心を奪われ2012年4月に入学。現在は働きながら、休日にイル・プルーで勉強し、ブログを更新する日々。

小さい頃からお菓子作りに興味はあったが、実際に作ったことはほとんどなく、結婚前に料理教室を探していた時、お稽古情報紙でシャルロット・ポワールの体験レッスンの広告が目にとまったのがイル・プルーとの最初の出会い。その時は資料請求しただけだったがその後、大手料理教室のお菓子コースに通っても満足のいくお菓子は作れるようになれず、お菓子作りの難しさを実感。そして数年後、「もっと本格的においしいお菓子が作れるようになりたい」と、以前資料請求したイル・プルーのことを思い出し体験レッスンに申し込む。
「その時作ったシャルロット・ポワールは、本当にこれが自分で作ったものだなんて信じられないほど美味しくて、感激しました。こんなに美味しいお菓子を自分で作れるようになれるならと、入学を即決しました」

手土産でいただいたダックワーズがもっと食べたくて、お店に足を運んだのがイルプルとの出会いです。お菓子作りなんてしたことなかったのに通い始めた1999年度入門速成科。今では自宅で友人達と共にお菓子作りをするまでに至っています。現在はフランス料理3に通いながら、時々再受講したり講習会に参加。卒業しても、いつでもお教室に帰ることが出来るのって本当に幸せなことです。

このページのトップへ戻る

© IL PLEUT SUR LA SEINE Kikaku Co., Ltd.All Rights Reserved.