心と身体を健康にする週末レシピ ごはんとおかずのルネサンス

RECETTE:001 (2015年2月16日)基本となるご飯

基本となるご飯

まず、日々作ってほしい基本となる白いご飯(白米+タイ米のご飯。イル・プルーでは、「ナチュール」と呼んでいます)をご紹介します。

ルネサンス流の基本の白いご飯は、今の日本のお米に欠けている味わいや栄養素を補うために、まずいりこと昆布で米に基本的な栄養素と味わいを加えます。そして日本人に不足しがちな栄養素を補給するため、豊かな栄養素を含んだスペイン産のアーモンド、オリーブオイルを加えます。これを加えるだけでおいしさが飛躍的に増します。さらにモンゴルの岩塩も加えます。お米は特に高いものでも安いものでも、おいしさと栄養はほとんど変わりませんので、銘柄米等を買う必要はないと思います。



材料(4人分)

  • 米 1.5合
    タイ米 1.5合
  • A
    いりこ 3g
    オリーブオイル 大さじ1強(15g)
    岩塩 小さじ1/2(3g)
    昆布 1g
    刻みアーモンド(アーモンドダイス) 15g
    *ひよこ豆または大豆30gでも可


作り方

1 米は洗わない。
*誰でも米を研がないことに抵抗がありますが、食べてみればこちらの方が断然美味しく炊き上がります。どうしても気になる方は、軽くゴミを取る程度に1回かき混ぜてください。

2 炊飯器に米、ひたひたの水(分量外)を入れてよく混ぜ、3~4時間浸けておく。 *滑らかな舌ざわりになるように十分水を吸収させます。

3 水(分量外)を3.1合の目盛りまで足し、Aを加え、軽く混ぜてから炊く。

4 炊き上がって15分蒸らしたら、しゃもじでご飯を切るようによく混ぜ、ベチャッとした舌ざわりにならないよう、米の表面から水分を十分に飛ばす。 *よく混ぜておくと、冷めてからも全体が均一にほぐれ、固まりません。

5 もう一度「炊飯」のスイッチを入れ、5分おき、ご飯をおいしい温度に温める。 *ここで焦げが出来れば、さらに香ばしい豊かな味わいになります。

6 「保温」に切りかえる。

 


このレシピに関するコメントはこちらからもどうぞ

このページのトップへ戻る

© IL PLEUT SUR LA SEINE Kikaku Co., Ltd.All Rights Reserved.